読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manakyu blog

写真じゃないもの、雑文

次回釣りに投入したい仕掛け

 

今週末、現時点の予報ではギリギリ曇りっぽいですね。
先週末の失敗があるので天気の変動に注視しつつ最終的なスケジュールを決めたいと思います。

ロッドやらなんやらはもうしばらくは買えないので、仕掛けで変化を付けていきたいと思います。

色々調べて以下の物あたりを検討中

 

キャロライナリグ

アジング用のジグヘッドの手前に遊動式の浮きのようなものを付ける仕掛け、と言う認識。
ジグヘッドを軽くする代わりに重さを持っているので遠投が可能で且つジグヘッドの動きは軽く自然な動きになる。
遠くへ飛ばしたい=ジグヘッドを重くすると言う事をしなくてよくなるわけ。

これはかなり期待している。多少遠くのアジにアプローチできるってことだし

Amazonを覗いてみるといくつかあって、TICTのMキャロってのがよさげではあるなと。
動画も紹介されています。

 

TICT(ティクト) ミニMキャロ M 3.5g

TICT(ティクト) ミニMキャロ M 3.5g

 

 


アジング-トミー敦のキャロアジング実釣編-ティクトUTR-75Tcaro-TOR

 

 

スプリットショットリグ

キャロライナリグが遊動式と言われているのに対しこちらは固定式のおもり。
その分しかけがシンプルと言うのが利点。すぐ着けられる。
まずはこちらから試してみるというのもあり。ただしなんかしかけに関するネットの記述が少なくて謎。
アジングに絞って調べてるのがいけないのかな。バス釣りでも使われている手法だからそちらで調べてもいいのかも。

 

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) スプリットシンカー 3.50g

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) スプリットシンカー 3.50g

 

 

投げサビキ

前回の記事でもちょろっと書いたけど。
結局キャロリグもそうだけど、より遠くに投げたいってことです。

投げサビキっつってもそんなに難しい事は無くて浮きが付くくらいです。
セットの奴をとりあえずは買ってしまえばいいでしょう。
遠投サビキって言うとまた変わってくるみたいだけどそこまでじゃなくてまぁ10m飛んだらいいんじゃないってなくらい。

浮きが付くメリットは棚を固定して狙えること。
デメリットは投げるので当然絡まりやすくなること。

 

ささめ針(SASAME) X-105 ボウズのがれ飛バシサビキ M 1.5

ささめ針(SASAME) X-105 ボウズのがれ飛バシサビキ M 1.5

 

 

投げ釣り仕掛け

これはちょっと悩んでるんだけど・・・
ショアジギロッドもしくはサビキ竿で。俗に言うちょいなげを
餌はやるかどうかもわからないのに買っていけないから噂のパワーイソメあたりをちょっと準備しておいて・・・

 

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(中) 青イソメ

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(中) 青イソメ

 
マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(太) 赤イソメ

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(太) 赤イソメ

 

 

基本的には餌釣りって手返し悪くて嫌いです。
ある意味最終手段かな・・・やはりルアーで釣りたい


っていうかメタルジグでまだ釣れていないので今週末はそっちの初揚げを何とか・・・

 

あと今まで余裕なくて写真とか動画とか全く撮れてないのでそろそろそういうところまで手が回るようにしたいなと